受け継がれる歴史と本物の味

創業は元禄元年と非常に歴史も長く、また佐賀県の中でも光武学校と呼ばれるぐらい杜氏としての輩出が多い蔵です。

40年ほど前から吟醸造りにも力を入れ、鑑評会においても数々の賞を受賞しており、近年では世界最高権威と評価されるコンペティションIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)でのゴールドメダル受賞をはじめ、数々の海外主催コンクールでも高い評価を頂いております。

20年ほど前から焼酎を手がけ始め、芋・麦・米の焼酎を造り、モンドセレクション、全国酒類コンクール等において長年にわたり受賞しております。

蔵元の歴史年表

集合写真
昭和30年11月 会社設立 光武員馬により法人設立
昭和52年10月 光武 馨 社長就任(46才)
昭和59年3月 光武 博之 社長就任(21才)
平成8年 焼酎製造開始
平成23年 リキュールの製造免許取得・製造開始
発酵食品の製造開始