赤鳥居 プレミアム

和のエッセンス11種の神秘的な味わい

ジュニパーベリー・杉の木・柑橘類など爽やかな香りに加え、山椒、わさび、のり、牡蠣など和のエッセンスをメインに11種類の原料を調和させた神秘的な日本の味わいを表現しています。赤鳥居の原料となる水には多良岳山系の天然水を使用しています。大自然に恵まれ長年かけて地下水に浄化された伏流水は円やかで美味しく、赤鳥居にはかかせない素材の一つです。製造でのこだわりは、ボタニカルをエレメント別に分けて浸漬させ、それぞれを蒸留することにより、各ボタニカルの特徴を最大限に引き出しています。蒸留後に独自の配合でブレンドすることで、独創的なフレーバーと複雑な味わいのジンが誕生します。

 

【おすすめの飲み方】

多種多様の飲み方で風味の変化や味の変化を感じることができ、1本あるだけで色んな楽しみかたができるジンは様々なボタニカルを蒸溜し、香りを持たせたお酒。その中にはハーブティーに使われる素材も多く、温めることで広がる香りもあり、リラックスするような優しい香りに包まれる為、お湯割りもオススメ。

≪専門家によるオススメの飲みかた nomooo掲載記事≫

 

【ターゲットユーザー】

クラフトジンに興味がある30代~40代の男女層にオススメしやすい製品です。

 

【町のシンボルとして愛された赤鳥居】

赤鳥居は祐徳稲荷神社の参道の「一の鳥居」として1933年に光武酒造場がある佐賀県鹿島市に造られました。老朽化の為、2007年に惜しまれつつも解体となり現在はありませんが、今でも赤鳥居の愛称で多くの人々の心にその姿を残し後世に語り継がれています。

 

【過去のプレスリリース】

創業 1688 年の光武酒造場が初めて挑戦したクラフトジン。2020 年9月 8 日(火)に発売。

OMOTENASHI selection 2021光武酒造場の『Japanese GIN 赤鳥居』が金賞受賞!!

酒類スピリッツ
酒質ジン
原材料醸造アルコール、山椒、シナモン、ジュニパーベリー
オレンジピール、レモンピール、バニラビーンズ
杉の木、日本茶、わさび葉、海苔、牡蠣殻
蒸留方法減圧蒸留
アルコ-ル度数45度
容量700ml/200ml
JAN【700ml】4939662010965
【200ml】4939662011405
ITF【700ml】14939662010924
【200ml】14939662011402
荷姿【700ml】6本入(専用カートン入)
【200ml】12本入
ロット混載5C/S
希望小売価格(税別)【700ml】4,400円
【200ml】1,200円

コンクール受賞歴

OMOTENASHI Selection 2021金賞
0954-62-3033 0954-62-3033

平日9:00〜17:00

バイヤー様必見
お役立ちニュース配信中